笑顔の男性

加齢による体の悩みを解決|膝の痛みも更年期障害も解消

古くから愛用される万能薬

漢方薬

滋養強壮効果があると言われてる高麗人参は、関連する疲労回復や虚弱体質改善のように、細かい部分にまで作用していく特徴があります。高麗人参の健康食品はタイプがさまざまなので、利用シーンを決めてから購入すると良いでしょう。現代病に対する効果も期待でき、今後もその時代の病気に対応していくと予測されます。

View Detail

免疫力を高める健康食品

栄養ドリンク

免疫力を高めるには、キノコ類の摂取が最適である。メシマコブはアガリクスを上回る効果が期待できるキノコで、健康食品として販売されている。メシマコブの健康食品を摂取することによって免疫力が向上し、がんなどの難病を予防する効果が期待できる。

View Detail

いつまでもアクティブに

人体

早めの対策をとる

膝の軟骨は、30歳を過ぎると徐々に減少し始めます。車のタイヤがすり減るように骨同士の摩擦により軟骨もすり減って、膝の痛みが出てきてしまうのです。ではどうすればこの現象を食い止めることができるのでしょうか。まずは 膝の負担を増大させる要因を取り除く工夫をする事が最優先なります。運動不足による肥満、膝周りの筋肉の柔軟性の低下、長時間の立ち仕事、過度に重たい物を持つことなど、これらを解消することが膝の軟骨を長持ちさせることにつながります。また、加齢により背筋が曲がり、骨盤が後傾して膝が曲がった状態になると、下半身の筋肉は全体的に硬直し、さらに膝を通る筋肉も硬直して、膝の痛みとなります。背筋を伸ばすような体操、下半身を動かすストレッチを日常的に取り入れたいものです。

常に気を配っておく

ここで気をつけておきたいことは、骨や筋肉は血管が集まっていて、血液から栄養素が供給されるため、修復や再生ができます。しかし、軟骨は血管が通っていないため、 一度減少してしまうと取り戻すことができません。市販で売られている健康食品は、関節の劣化や変形がひどくない状態の時に有効で、重症化した変形性膝関節症や慢性的な膝の痛みについては専門医に相談すべきです。健康食品は、軟骨を新たに作り出すのではなく、膝の痛みの元になっている関節の炎症を抑えていると考えるべきです。ただ、軽度の痛みや症状であるときは積極的に健康食品を摂って、早めの対策をとることで重症化せずに済むと考えられます。膝に効く健康食品としてグルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸があります。グルコサミンはカニやエビなどに多く含まれ、軟骨成分の1つを構成しています。初期の変形性膝関節症の痛みを和らげるのに有効です。

閉経前後の自律神経失調

頭を触る女性

45歳から55歳までの間に発症しやすい更年期障害とは、閉経前後の女性の卵巣機能の低下から来る自律神経の乱れのことを言います。治療のためには、ホルモン補充療法、市販の医薬品での治療、生活改善が必要です。また大豆イソフラボンなど、女性ホルモンの働きをする栄養素、自律神経を整える栄養素を、食品やサプリメントから積極的に摂るようにしましょう。

View Detail